八ヶ岳 小同心クラック

  • 場所:八ヶ岳 小同心クラック
  • 日程:平成27年10月3日~10月4日
  • メンバー:サイトーL・アベ代表・かおり(記録)

10月2日 22:00 西大宮駅集合のはずが、電車トラブルが相次ぎ、私が30分も遅刻。

不吉な予感。おおらかなアベさんは笑顔で迎えてくれる。サイトー氏に助手席を任せ後部座席で起きていようと思ったが寝てしまった…

深夜1:00過ぎ美濃戸口着。そこからダートの悪路をアベさんの四駆がグイグイ登る。すぐに赤岳山荘駐車場に到着。まだ深夜なので駐車場は数台の車のみ。良い場所をみつけテントを張り就寝。

 

10月3日 晴天☀ (赤岳山荘駐車場~赤岳鉱泉~小同心クラック~横岳~硫黄岳~赤岳鉱泉)

5:00 起床。5:25出発。途中朝食をとりつつも7:00に赤岳鉱泉に到着。テント設営を済ませる。

7:35 赤岳鉱泉を小同心へ向け出発。硫黄岳方面の登山道よりすぐに大同心への分岐がある。緑のロープをくぐり、目の前にそびえる大同心基部へ。

①「大同心への分岐。緑のロープをくぐる。道標有り」①「大同心への分岐。緑のロープをくぐる。道標有り」

②「分岐の道標。緑ロープの横にある。」②「分岐の道標。緑ロープの横にある。」

踏み跡も明瞭だが、最初の沢筋を少しあるくと左側の山道への分岐がある。見逃し注意。

大同心基部で、装備を装着し小同心へ向け右へトラバース。

③「大同心の基部。これから左へトラバース」③「大同心の基部。これから左へトラバース」

④「背景は大同心の側面。あれを登る人がいるのか・・・」④「背景は大同心の側面。あれを登る人がいるのか・・・」

先行パーティも無く。後ろを振り返ると北アルプスの端までクッキリと見渡せる。絶景である。

9:00 小同心の基部につき、アベさんがリードで登り始める。

私は、この時すでにかなり緊張していてトイレの回数と心拍数がヤバい。

西面なので、日が当たらず寒い。

ガッチガチに緊張している私とは反対にアベさんはスイスイ登る。真横のサイトー氏の冷たい視線が・・・

1ピッチ目 : チムニー手前のビレー点で切ってもらう。支点あり。

2ピッチ目 : チムニーを抜け、その上部で切る。支点あり。

草付きを歩く。

3ピッチ目 : 横岳頂上直下の壁で、パーティによってはザイルを出さない人もいるようだが、私がいるのでザイルをだしてもらう。ホールド・スタンスともにあるが、高度感がすごい。

10:25小同心の頭着

⑤「小同心の頭にて。震える手でポチリ」⑤「小同心の頭にて。震える手でポチリ」

ホールドはしっかりしていて、とくにもろい所は無い。

11:00頃 横岳の頂上(2829m)にダイレクトに突き上げるので、一般登山客から「どっから来たの?」と驚かれた。緊張してて口が回らない為、格好よく答えられないが。

頂上で、装備を外し硫黄岳へ向かう。

初めて行く硫黄岳だがすごい横殴りの風に、ヘロヘロになっていた私はかなりダメージを受けた。硫黄岳の点在するケルンにすがり付きながらなんとか頂上へ。そうそうに退散し、下山する。

12:00 赤岩の頭で大休止。快晴無風。横岳山頂が嘘のように穏やか。

⑥「赤岩の頭付近。快晴無風.涅槃仏の様なアベ氏と赤岳」⑥「赤岩の頭付近。快晴無風.涅槃仏の様なアベ氏と赤岳」

⑦「大同心の様な頭部フォルムのサイト氏と北アルプスの絶景」⑦「大同心の様な頭部フォルムのサイト氏と北アルプスの絶景」

13:30 赤岳鉱泉着。下山するか?との声にどうしても一泊したいと主張。ゆっくり宴会の準備。

ビールで乾杯し、阿弥陀から赤岳・大同心を眺めつつ宴会。

 

10月4日 晴天☀ (赤岳鉱泉~赤岳山荘駐車場~諏訪湖の温泉(片倉館)~帰京)

5:00 起床。ゆっくり準備し、景色を担当して7:30テント場を出発。

8:50 赤岳山荘駐車場に到着。

諏訪湖畔の温泉片倉館により、食事をして帰路へ。

念願の外岩ルートを触ることが出来ましたが、練習不足・度胸不足・勉強不足をかみしめ落ち込んでの帰京。もう少し頑張りますので、また懲りずにおつきあいくださいませ。

お二方、本当にありがとうございました。

Comments are closed.