五竜春合宿(G2中央稜登攀隊)

五竜岳春合宿(G2 中央稜 登攀隊)

メンバー:アベ(L)、さぶ(記録)

5/4日
コースタイム:4:30 西遠見BC~白岳沢出会~A沢出会~G2右稜出会~中央稜~13:30G2の頭~15:00 西遠見BC
(全体の記録はこちら)

西遠見BCから見る、登る予定の、G2中央稜はほぼ雪がついていない。
雪がないと、ざれ場+ヤブ漕ぎで難儀するだろう?という予想を事前にアベリーダーも口にしていたが
現地行って、行そうなところを登ろうと前夜に確認し、アタックの日を迎える。

ササダ、かおり組が少し先行して歩く。彼らは雪がついているA沢から武田菱を登るそうだ。
かおりちゃんの背中が緊張でこわばっている様に見えるは気のせいじゃないだろう。
私も同じ気持ちだ。

アベさんより、とりあえず中央稜に行く方向で白岳沢を下降することを伝えられる。
晴天。システムはヒマコン2。朝日を背にして白岳沢の下降点まで歩く。

しかし、えらい傾斜だ。。。このトラバースしながらの下降がキツイ。
アベさんは、さっさと、降りてしまうので、ついていくのが精いっぱいで、ここで汗だく。

A沢の出会いについた時には、すでにササダ、カオリペアはA沢を登っていた。

A沢を行くササダ&カオリペア

A沢を行くササダ&カオリペア

私たちはA沢を過ぎ、G2右陵にとりつき、これをのっこす形で中央稜へ。

先行パーティーが上から懸垂下降で降りてくる。
どうも、雪がなくガレていて登れないと判断し、敗退するらしい。
どうしようかと、アベさんと相談し、とりあえず、自分の目で見て判断しようということで、アベさんリードで
登る事に。ほどなく、やはりガレていて危険とのことで、戻ってきた。
いやはや、確認ありがとうございます。

アベL偵察中

アベL偵察中

 

さて、他に行けるルートがないかと、きょろきょろしていると、後発パーティーが稜線の右側のルンゼをつめていく。
あっちなら、登れそうだ。

テラスまでトラバースしながら上がる。しかし、雪がかろうじてついているが
相当腐っていて、草付がところどころ出ているようなルンゼだ。

先ほどのパーティーが登り終わるまで、テラスでしばし休憩。

こちらもくさった雪に相当、てこづっているようだ。

私たちの番で、ここもアベさんリード。すみません。お願いします。。。

アベさんはするすると登ってしまい、ロープを伸ばしてくれる。
続いてフォローで行くが、相当難儀する。なんせ、アックスが効かない上に、足場が崩れる。。。
リードでするするといったアベさんが同じ生き物には思えない。。。

登る事にしたルンゼ1P目

登る事にしたルンゼ1P目

サクサクと登るアベリーダーは、先行パーティーに追いついてしまったが、ロープが交錯しないように、ルートをとって
順調にロープを伸ばしてくれる。

私は、途中でくさった雪に上に上がれずに、半泣きになりながらなんとか上がる。
ところどころ、雪がない泥壁、草つきにダブルアックスで登るはめになる。
なんで、5月の五竜でこんな目に。。。

草付をダブルアックスで

草付をダブルアックスで

ほどなく、前のパーティーを追い抜く形で、ヤブ交じりの雪稜を今度は私がリードする。
ロープ半分くらいで、ピッチを切ろうと思ったら、もっと行けと、アベリーダーよりゲキが飛ぶ。
こっから、完璧にヤブだ。ヤブの急登。。。シャクナゲとハイマツ君が容赦なく立ちはだかる。。。
なんてこった。これはミナトさんの好きなヤブ漕ぎだ。
手と足が地につかないのだ。3級から4級はあっただろう。
ラッセルは好きだが、ヤブ漕ぎは好きじゃない。

枝にひっかかり重いロープを頑張って引っ張りながら、砂場みたいな広い場所に出る。ここでピッチを切る。
ほどなく、ヤブからアベリーダーが上がってくる。なんだ、この構図。。。

ヤブから出てくるアベL

ヤブから出てくるアベL

頂上の方を見ると、ザレ場が、ヤブしかない。雪はどこいった!!

ここでロープとアイゼンを外す事になる。
5月の五竜でアイゼンを外すはめになるとは。

地に足がつかないけど、うっかり地につけてしまうと、地面が凍結していてい、滑ってこれも怖い。
背中でただの荷物と化してる、アイゼンとアックスがただ悲しい。

ヤブとザレザレのザレ場に泣かされながら、なんとか高度を上げる。
最後にやっと雪が出てきた。

本来のダブルアックスの使い方が出来て心底うれしい。
先行するアベさんに、1枚くらい北アルプスっぽい写真が欲しくて
おねだりして写真をとってもらう私。先輩にすみません。

やっと、本来のダブルアックス

やっと、本来のダブルアックス

アベさんのルートファインディングは素晴らしく、予想どおりにG2の頭に突き上げる。
さすがです。私、本当に今回、なんの役にも立たないっていうか、なんとか後ろをついていくのに精一杯。。。
このスタンスから早く卒業しないと。。

こっからは五竜山頂はあきらめ、五竜山荘経由で下山。
五竜山荘で交信をすると、本隊とつながる。
本隊は随分前に、BCに戻り
ササダ、かおり部隊も登攀を終え、頂上を踏んで下山している事を確認できて
皆の登頂成功を喜ぶ。

BCに着くと、みんな外でお出迎えしてくれた。
これは本当にうれしかった。皆さんありがとうございました。

アベさんには、本当にお世話になりました。
無事に、登攀できたのも、アベリーダーのおかげでした!
本当に、ありがとうございました。

しかし、もう、ヤブはコリゴリです(笑

Comments are closed.